ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
:2017/10/05 16:14:19

田崎 智宏

TASAKI Tomohiro

田崎 智宏
氏名
田崎 智宏(たさき ともひろ)
所属/職名
資源循環・廃棄物研究センター(循環型社会システム研究室)/室長
研究課題
3R・廃棄物政策の設計・評価とシステム解析およびサステイナビリティ研究
学位の種類
博士 (学術)
専門とする学問分野
システム工学,政策学,工学
専門とする環境分野
リデュース・リユース・リサイクル(3R),廃棄物管理,サスティナビリティ・サイエンス
自分の強みのキーワード
政策評価,物質フロー分析,持続可能なライフスタイル,拡大生産者責任,リサイクル法,省エネ製品買替,物質管理方策,持続可能な発展指標,廃棄物発生抑制,デポジット制度
研究概要
・3R・廃棄物制度の設計と実践・評価
 リサイクル法制度やリデュース、リユース(2R)の促進制度の評価と設計を行っています。評価研究では、アウトカムの評価とともにも、モノ、カネ、ヒトというリサイクル制度の3要素に着目して制度のメカニズムに焦点をあてた多元的な評価を試みています。また、責任論、費用分析、ステークホルダー分析、情報的手法といった様々なアプローチで、制度設計に資する知見を得ようとしています。これまでの主な成果には,家電リサイクル法の評価デポジット制度や回収ポイント制度の概念構築地域循環システムの構築に向けた戦略と実践についての研究成果があります。また、これらの上位法となる循環基本法・循環基本計画やその指標体系、さらに表裏一体の関係にある廃棄物処理法の研究も実施しています。現在は、日本の物質フロー・モデルによる政策効果を推計する研究、ならびに人口減少等の社会変化に現在のリサイクル・廃棄物システムを適応させていく研究に重点をおいて研究をしています。

・製品環境政策と物質管理政策(持続可能な生産の文脈で)
 国の発展とともに、環境政策の焦点は、工場等の汚染源から製品へと拡大・推移してきました。製品環境政策においては、製品の生産・消費・廃棄という全てのライフステージにおける環境負荷の発生を俯瞰的に理解して対策につなげていきます。例えば、製品ならびにその原材料の製造段階における環境負荷の情報をラベル等で製品購入段階へ伝達し消費者と販売 業者の環境配慮行動を促す、製品の廃棄段階の費用や処理困難性を生産者にフィードバックさせるなどといった方策により製品システム全体の環境パフォーマンスの最適化を目指します。これまでには、製品フローを推計する研究(こちらの報告書の5〜7章などを参照)や、製品や素材の統合的管理を目指した物質管理方策の類型化・特性化、製品設計力を有する生産者の責任範囲を拡大して社会全体の環境パフォーマンスを向上させる拡大生産者責任の研究を行ってきました。

・持続可能な発展の概念と指標
持続可能な発展は、概念論から社会実践へと展開してきました。その実践知を積み上げてその概念を再構築するとともに、国際的な目標であるSDGsを意識しつつ、各国の持続可能な発展に向けた現状をモニタリングする指標等の枠組みを開発しています。これまでには、各国等の持続可能な発展指標のレビュー研究や、資本と目標に着目したネクサス型の指標体系の構築、持続可能な調達等の認証基準をレビューして持続可能な発展における様々なクライテリアを実証的に抽出する研究をしてきました。

・持続可能なライフスタイル・消費
 個人や各企業の環境配慮の行動や取組は大切ですが、限界もあります。個人や個企業の行動を規定する状況などを環境負荷の小さい、より持続可能な形態へと転換させる必要があります。例えば、働き方や時間の使い方といったライフスタイルの選択は個々の環境配慮行動の選択の幅を大きく規定します。これまでには、シナリオアプローチや多様な発想法や思考法を用い、将来のライフスタイルを探索する研究を実施してきました。現在は、アジアでのエネルギー多消費型製品に着目して、アジアにおける持続可能な消費・ライフスタイルを促進させるための研究を進めています。
略歴
2001. 3 横浜国立大学大学院工学研究科博士課程後期修了
2001. 4 国立環境研究所循環型社会形成推進・廃棄物研究センター NIESポスドクフェロー
2001.10 国立環境研究所循環型社会形成推進・廃棄物研究センター 研究員
2006. 1 国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター 主任研究員
2006.4-2011.3 企画部研究推進室 研究企画主幹 兼務
2010.10 スウェーデン・ルンド大学国際産業環境経済研究所 Visiting researcher(2011.9まで)
2011.10 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻 客員准教授 兼務
2013. 4-国立環境研究所 循環型社会・廃棄物研究センター 循環型社会システム研究室室長
2015. 4-東京大学大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻 客員教授 兼務
所属学会
廃棄物資源循環学会,環境経済・政策学会,環境科学会,International Society for Industrial Ecology(国際産業エコロジー学会),土木学会,日本LCA学会,日本評価学会,日本計画行政学会
個別研究課題
研究成果(誌上)
  • all
  • 査読付き 原著論文
  • 総説・解説
  • 書籍
  • その他
  • 第3章 サステイナビリティ指標−持続可能な開発をいかに測るか?
    発表者 : 草郷孝好, 鈴木正史, 田崎智宏
    掲載誌 : 持続可能な開発目標とは何か (2017)
  • 第4章 「ネクサス」とSDGs−環境・開発・社会的側面の統合的実施に向けて
    発表者 : 田崎智宏, 遠藤愛子
    掲載誌 : 持続可能な開発目標とは何か (2017)
  • リサイクルの責任論とその動向(拡大生産者責任など)
    発表者 : 田崎智宏
    掲載誌 : 最新 材料の再資源化技術辞典 (2017)
  • Cahpter 4 Effect of an eco-point program on consumer digital TV selection. Cahpter 7 Effect of the eco-point program on the implicit discount rate_A hedonic analysis of the eco-point program. Chapter 11 Environmental subsidies and life cycle assessment
    発表者 : Tasaki T.(田崎智宏)
    掲載誌 : Environmental Subsidies to Consumers: How did they work in the Japanese market? (2015)
  • 5-4節 海外における災害廃棄物対応ガイドライン等について
    発表者 : 田崎智宏
    掲載誌 : 災害廃棄物分別・処理実務マニュアル−東日本大震災を踏まえて− (2012)
  • 5章3節 家庭向け耐久消費財のリサイクル
    発表者 : 田崎智宏
    掲載誌 : 地球温暖化と廃棄物(廃棄物資源循環学会シリーズ2) (2009)
  • 2-4節「リサイクル」. 4-14節「建設廃棄物(建設副産物)」. 5-5節「使い捨て製品」. 7-1節「3Rに関わる法律の概要」. 7-2節「循環基本法と循環基本計画」. 7-7節「建設リサイクル法」. 8-10節「不法投棄対策」. 8-11節「リサイクルにまつわる違法行為」
    発表者 : 田崎智宏
    掲載誌 : 3R検定公式テキスト (2008)
研究成果(口頭)
  • all
  • 研究発表
  • 研究講演
  • 適正な処理が困難な廃棄物への対応について
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 平成28年度栃木県清掃事業連絡協議会第3回研修会 (2017)
    予稿集名 : 同資料, 1-30
  • 持続可能なライフスタイル
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催 第22回講演会「持続可能な消費・生産に向けたライフサイクル思考の役割」 (2016)
    予稿集名 : 同資料, 33-43
  • Similarities and differences in perception and opinions on EPR by region
    発表者 : Yoshida A.(吉田綾), Tasaki T.(田崎智宏)
    学会等名称 : EPR Asia Platform Forum (2016)
    予稿集名 : なし
  • 発表者 : Tasaki T.(田崎智宏)
    学会等名称 : OECD Global Forum on Environment: Promoting Sustainable Materials Management through Extended Producer Responsibility (2014)
    予稿集名 : -
  • 容器包装リサイクル法、食品リサイクル法、家電リサイクル法の改正に向けた論点や動向
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 日本生活協同組合連合会環境事業研究・交流会2013年度第2回大会 (2014)
    予稿集名 : 同資料集, 1-34
  • 持続可能な発展を計測するために
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 日本LCA学会・LCA日本フォーラム第16回講演会「持続可能なスマート社会に向けたライフサイクル/システム思考」 (2013)
    予稿集名 : 同講演会資料, 34-47
  • 地域の持続可能性を計測・評価する〜環境問題の解決と地域発展の統合〜
    発表者 : 田崎智宏, 栗島英明
    学会等名称 : 環境自治体会議第21回ひおき会議 (2013)
    予稿集名 : 同資料集, 146-147
  • 海外におけるごみ処理事情〜分別収集から発生抑制まで〜
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 千葉県廃棄物適正処理推進大会第12回 (2012)
    予稿集名 : なし
  • Activities and guidelines of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management (JSMCWM) for disaster waste management after the Eastern Japan Disaster
    発表者 : Tasaki T.(田崎智宏), Asari M.
    学会等名称 : Japan-UK joint workshop on Policy Integration between Environmental Assessment and Disaster Management (2012)
    予稿集名 : Final Program
  • 廃棄物発生抑制の取り組み推進に向けた包括的視点
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 廃棄物資源循環学会平成22年度研究討論会 (2010)
    予稿集名 : 同講演論文集, 83-88
  • モノの流れ・物質管理の視点からみたリサイクル〜プラスチックと電気電子製品を中心に〜
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : プラスチック化学リサイクル研究会 平成20年度講演会 (2008)
    予稿集名 : 同講演会資料
  • 3R/廃棄物研究の到達点と今後
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 環境科学会2008年会 (2008)
    予稿集名 : 同講演予稿集, 172
  • 発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 地域循環圏・2Rシンポジウム (2015)
    予稿集名 : 同資料集, ?-1-?-12
  • リユースの現状と将来を考える
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 福島県容器リユース推進協議会第1回 (2013)
    予稿集名 : なし
  • 循環型社会の構築
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 実践的課題解決型研修「ごみ減量化に向けた仕組みづくり」 (2008)
    予稿集名 : なし
  • 地域での生ごみリサイクルの進め方〜活動が停まらないように〜
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 全国生ごみネットワーク講演会 (2016)
    予稿集名 : なし
  • Interrelationships across multiple SDG indicators
    発表者 : Kameyama Y.(亀山康子), Tasaki T.(田崎智宏)
    学会等名称 : The Atmospheric Pollution, Climate Change Nexus in Asia: Implications for a New Development Agenda (2016)
    予稿集名 : -
  • 発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 農林水産省「食品容器包装リサイクルに関する懇談会」 (2014)
    予稿集名 : 配付資料2
  • 資源・廃棄物管理の政策とライフスタイルに関する研究
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 環境科学会2013年会 (2013)
    予稿集名 : 同講演要旨集, 11
  • 2R(リデュース・リユース)による容器包装削減効果の計測と発生抑制デザイン
    発表者 : 田崎智宏, 山川肇
    学会等名称 : 環境科学会2009年会 (2009)
    予稿集名 : 同講演予稿集, 186-187
  • 「エコ替え」って, 大丈夫?〜環境負荷削減につながる家電のエコ替えの判定基準〜
    発表者 : 田崎智宏, 本下晶晴
    学会等名称 : 第20回廃棄物資源循環学会研究発表会(企画セッション) (2009)
    予稿集名 : 同プログラム, 24
  • リサイクル法制度の評価と今後の展望について
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 富山県環境科学センター講演会 (2008)
    予稿集名 : なし
  • 持続可能な開発目標(SDGs)と循環型社会
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 循環研セミナー (2016)
    予稿集名 : なし
  • 資源循環と廃棄物
    発表者 : 田崎智宏
    学会等名称 : 平成28年度うらやす市民大学 (2016)
所の刊行物
委員会活動
  • 2017年度 : 家電リサイクル普及啓発活動に関する検討会委員 (家電製品協会)
  • 2017年度 : 家電リサイクル法に係る回収促進等に関する検討会 (経済産業省 商務情報政策局情報産業課環境リサイクル室)
  • 2017年度 : 第4期審議員 ((一社)環境情報科学センター)
  • 2017年度 : 使用済家電の回収・再資源化等促進に向けた検討会委員 (環境省 環境再生・資源循環局)
  • 2017年度 : 中長期課題検討委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2017年度 : 龍ケ崎市廃棄物減量等推進審議会委員 (龍ケ崎市)
  • 2017年度 : 循環基本計画分析・新指標検討ワーキンググループ委員 (環境省 環境再生・資源循環局)
  • 2017年度 : [連携]客員教授(環境システム学)  (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
  • 2016年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室)
  • 2016年度 : 第28回年会実行委員会幹事長 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2016年度 : 産業界における今後の資源循環の取り組みに関するワークショップ委員 ((一社)日本経済団体連合会)
  • 2016年度 : 平成28年度環境配慮型製品の国際展開促進に係る調査検討業務「有識者検討会」委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課)
  • 2016年度 : 一般廃棄物処理の実態把握の在り方検討ワーキンググループ委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課)
  • 2016年度 : 平成28年度市町村等による廃棄物処理施設整備の適正化推進業務検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課)
  • 2016年度 : 平成28年度国際比較を踏まえた廃電気電子機器等の3R高度化に向けた検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室)
  • 2016年度 : 産業廃棄物処理業の振興方策に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課)
  • 2016年度 : 平成28年度持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティングに関する構成員 (環境省 地球環境局国際連携課)
  • 2016年度 : 家電リサイクル法に係る回収促進等に関する検討会委員 (経済産業省 商務情報政策局情報通信機器課環境リサイクル室)
  • 2016年度 : 資源効率に係る日EU規制協力の在り方検討会委員 (経済産業省 産業技術環境局リサイクル推進課)
  • 2016年度 : 環境政策推進委員会委員 (日本生活協同組合連合会)
  • 2016年度 : 使用済家電の流通フローの精緻化に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2016年度 : 循環基本計画分析・新指標検討ワーキンググループ委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2016年度 : 中央環境審議会専門委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2016年度 : [連携]客員教授(環境システム学) (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
  • 2015年度 : 平成27年度廃ペットボトル店頭回収モデル実証事業有効性等検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 平成27年度国際比較を踏まえた廃電気電子機器等の3R高度化に向けた検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会分科会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 2Rシステムの構築に向けた調査・検討委員会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 廃家電の回収率向上に向けたアクションプラン及び取組状況の検証に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 使用済家電の流通フローの精緻化に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 平成27年度地域循環圏高度化・2Rシステム構築モデル事業選考会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 「循環基本計画に係る検討会及び関連ワーキンググループ」委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2015年度 : 「持続可能な社会に求められる機能と材料~機能を発現する物質の科学的理解~」検討委員会委員 ((一社)未踏科学技術協会)
  • 2015年度 : 環境政策推進委員会委員 (日本生活協同組合連合会)
  • 2015年度 : 龍ケ崎市廃棄物減量等推進審議会委員 (龍ケ崎市)
  • 2015年度 : [連携]客員教授 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
  • 2014年度 : 環境科学会理事 ((公社)環境科学会)
  • 2014年度 : 平成26年度総合的な2Rシステムの構築に向けた調査・検討委員会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 国連持続可能な消費と生産に関する10年計画枠組み(10YFP)「持続可能なライフスタイル及び教育(SLE)」プログラムに関する作業部会委員 (環境省 地球環境局)
  • 2014年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会分科会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 家電リサイクル制度に係る回収率の設定方法及び回収率目標に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 平成26年度使用済製品等のリユース促進事業研究会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 資源有効利用促進法の施行状況に係る評価検討会委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2014年度 : 第13期廃棄物資源循環学会編集委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2014年度 : 環境政策推進委員会委員 (日本生活協同組合連合会)
  • 2014年度 : 物質フロー指標等検討ワーキンググループ委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 循環基本計画に係る指標等に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2014年度 : 廃棄物管理研究会委員 ((一財)日本環境衛生センター)
  • 2014年度 : [連携]客員准教授 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
  • 2013年度 : 龍ケ崎市廃棄物減量等推進審議会委員 (龍ケ崎市)
  • 2013年度 : 2013年度アジア経済研究所業績評価委員会専門委員(査読委員) ((独)日本貿易振興機構アジア経済研究所)
  • 2013年度 : 博士学位請求論文審査委員会委員 (東京大学大学院工学系研究科)
  • 2013年度 : 循環基本計画フォローアップ及び重点課題検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2013年度 : 物質フロー指標等検討WG委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2013年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会分科会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2013年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2013年度 : 平成25年度総合的な2Rシステムの構築に向けたリユース分析検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2013年度 : 日本生協連「環境政策推進委員会」委員 (日本生活協同組合連合会)
  • 2013年度 : 中央環境審議会専門委員 (循環型社会部会 家電リサイクル制度評価検討小委員会) (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2013年度 : [連携]客員准教授 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
  • 2012年度 : 資源有効利用促進法の施行状況に係る評価検討会委員 (経済産業省 産業技術環境局)
  • 2012年度 : 家電リサイクル法の見直しに向けた課題検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2012年度 : 廃棄物資源循環学会編集委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2012年度 : 環境省「平成24年度3R行動による環境負荷削減効果の見える化手法の開発及び活用等業務」における有識者検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2012年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2012年度 : 「第三次循環型社会形成推進基本計画に係る指標等に関する検討会」及び「取組指標作業チーム」委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2012年度 : [連携]客員准教授 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
  • 2011年度 : 平成23年度エコ・アクション・ポイントプログラム検証等業務検討会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2011年度 : 物質フロー指標検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2011年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2011年度 : 龍ヶ崎市廃棄物減量等推進審議会委員 (龍ヶ崎市都市環境部)
  • 2011年度 : [連携]客員准教授 (東京大学大学院新領域創成科学研究科)
  • 2010年度 : 平成22年度3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2010年度 : 使用済製品等のリユース促進事業研究会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2010年度 : 廃棄物資源循環学会常設委員会委員 ((一社)廃棄物資源循環学会)
  • 2010年度 : 2R環境負荷低減効果検討会委員 (みずほ情報総研(株))
  • 2010年度 : 客員准教授 (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2009年度 : エコ・アクション・ポイント対象商品等の登録の考え方検討会委員 (環境省 総合環境政策局)
  • 2009年度 : 機関誌「都市清掃」投稿論文査読員 ((社)全国都市清掃会議)
  • 2009年度 : 欧州WEEEリサイクル指令施行状況に関する調査WG委員 ((財)企業活力研究所産業競争力研究センター)
  • 2009年度 : 平成21年度電気電子機器の流通・処理実態調査及びリユース促進事業「リユース推進に係る意見交換会」検討員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2009年度 : 龍ヶ崎市廃棄物減量等推進審議会委員 (龍ヶ崎市環境生活部)
  • 2009年度 : 客員教授 (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2008年度 : 3R促進のためのポイント制度等経済的インセンティブ付けに関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2008年度 : 循環的な利用による温室効果ガス排出量・天然資源消費量・埋立処分量の削減効果の評価手法に関する検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2008年度 : 小型家電の回収・適正処理スキーム検討WG委員 (経済産業省 商務情報政策局)
  • 2008年度 : 平成20年度日本自動車振興会補助事業高度資源循環技術の開発状況調査委員会委員 ((財)クリーンジャパンセンター)
  • 2008年度 : 『NPOと企業・学識者の連携による「環境文明社会」のロードマップ作り』プロジェクト委員 (認定NPO法人環境文明21)
  • 2008年度 : 非常勤講師(環境汚染リスクの評価と対策技術演習) (横浜国立大学)
  • 2008年度 : 客員准教授 (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2007年度 : 中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会専門委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2007年度 : 産業構造審議会環境部会廃棄物・リユース等適正排出促進手法検討会委員 (経済産業省 商務情報政策局)
  • 2007年度 : 3R検定実行委員会委員 ((財)京都市環境事業協会京エコロジーセンター)
  • 2007年度 : ガス石油非設備機器のリサイクルシステムの検討委員会委員 (経済産業省 関東経済産業局)
  • 2007年度 : リサイクル制度の体系化・高度化推進検討会委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2007年度 : 欧米の環境政策・規制動向を踏まえたわが国環境対策技術等調査委員会委員 ((社)日本産業機械工業会)
  • 2007年度 : アジア太平洋埋立国際会議(APLAS)札幌2008委員会委員 (アジア太平洋埋立国際会議(APLAS)札幌2008準備委員会)
  • 2007年度 : 客員助教授 (情報・システム研究機構統計数理研究所)
  • 2006年度 : 環境情報・環境統計の整備・利用のあり方検討会 (環境省 大臣官房総務課)
  • 2006年度 : 龍ヶ崎市廃棄物減量等推進審議会委員 (龍ヶ崎市環境生活部)
  • 2006年度 : リサイクル対策に関する政策評価研究会委員 (総務省 行政評価局)
  • 2006年度 : 「第5期市町村分別収集計画策定の手引き」アドバイザリーボード委員 (環境省 大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)
  • 2006年度 : 欧米の環境政策・規制動向を踏まえた我が国環境対策技術等調査委員会 ((社)日本産業機械工業会)
受賞
  • 2015年 : 廃棄物資源循環学会論文賞 (廃棄物資源循環学会)
  • 2013年 : 環境科学会奨励賞 (公益社団法人 環境科学会 )
  • 2011年 : 平成22年度NIES賞 (独立行政法人国立環境研究所)
  • 2008年 : 最優秀ポスター賞 (廃棄物学会)
  • 2007年 : WASSILY W.LEONTIEF MEMORIAL PRIZE (International Input-Output Association)
  • 2007年 : 廃棄物学会奨励賞 (廃棄物学会)
  • 2006年 : 環境科学会論文賞 (環境科学会)
  • 2004年 : 廃棄物学会論文賞 (廃棄物学会)
学会活動
  • 2013年度 : (公社)環境科学会 : 年会担当幹事
  • 2008年度 : Journal of Material Cycles and Waste Management : A member of the Editorial Board for Journal of Material Cycles and Waste Management
  • 2009年度 : 循環社会国民会議 : 幹事
  • 2009年度 : (公社)環境科学会 : 将来構想委員会委員
  • 2008年度 : (社)環境科学会 : 企画担当幹事
  • 2008年度 : (社)全国都市清掃会議 : 投稿論文査読員
  • 2007年度 : 廃棄物資源循環学会 : リサイクルシステム・技術研究部会幹事
  • 2007年度 : 廃棄物資源循環学会 : 試験・検査法部会幹事
  • 2006年度 : (社)環境科学会 : 表彰委員会委員
  • 2006年度 : 廃棄物資源循環学会 : 編集委員会委員

この研究者の関連情報・記事