ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2016年3月31日

国立環境研究所の
災害環境研究(環境創生研究)のあゆみ

国立環境研究所では、東日本大震災の直後から災害環境研究に取り組んできました。
ここでは、その中から、環境創生研究に関するものについて、そのあゆみを紹介します。

年月 トピック
2013 年 3 月 「福島県新地町と独立行政法人国立環境研究所との連携・協力に関する基本協定」締結
2013 年 3 月 「新地町環境都市町民フォーラム」開催
2013 年10 月 福島支部準備室を設置
2013 年10 ~11 月 新地町「環境まちづくり町民講座」開催(計3 回)
2014 年 1 月 新地町立尚英中学校ワークショップ「2050 年の新地町を考えよう!」開催
2014 年 3 月 郡山市で「災害環境研究」報告交流会開催
2014 年 4 月 しんちくらしアシストタブレット配布開始
2014 年11 月 三春町で三春出前講座開催
2014 年12 月 新地町立尚英中学校ワークショップ「2050 年の新地町の未来地図をつくろう!」開催
2015 年 2 月 南相馬市で南相馬出前講座開催
2015 年 9 月 しんちくらしアシストタブレット75 世帯への配布完了

本号で紹介した研究は、以下の機関、スタッフにより実施されました(所属は当時、敬称略、順不同)。

研究担当者

  • 国立環境研究所
    青柳みどり、芦名秀一、一ノ瀬俊明、岩渕裕子、大場真、金森有子、久保田泉、五味馨、白木裕斗
    須賀伸介、戸川卓哉、中村省吾、平野勇二郎、藤井実、藤田壮、藤森真一郎、増井利彦、松橋啓介、森保文

その他の共同研究機関

  • 東北大学
  • 名古屋大学

関連新着情報

関連記事