ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年4月27日

表彰

第2回持続可能に向けたOR/OMの理論と適用に関する国際会議 最優秀論文賞

  • 受賞者:Liu Jingyu、藤森 真一郎、高橋 潔、長谷川 知子、SU Xuanming、増井 利彦
    国立環境研究所 社会環境システム研究センター
    ※ 所属は発表当時となります
  • 受賞対象:
    社会経済要因と1.5℃目標に向けた挑戦(第2回持続可能に向けたOR/OMの理論と適用に関する国際会議)
  • 受賞者からひとこと:
     本国際会議において最優秀論文賞を受賞することができて、大変うれしく思います。この論文は、私だけでなく共著者のチームで執筆したもので、関係者の皆様に感謝いたします。本研究は、統合評価モデルであるAIMを用いて、1.5℃目標や2℃目標を達成するために、技術の費用やエネルギー需要など、どのような社会経済的な要因が重要な役割を担うかを分析したものです。本研究で得られた知見を通じて、温室効果ガス排出量の効果的な削減について、どのような社会経済的な課題に取り組む必要があるかについて政策決定者に示すことができたのではないかと考えています。

関連新着情報

表示する記事はありません

関連研究報告書

表示する記事はありません