ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年10月15日

受賞のお知らせ ~
今井章雄琵琶湖分室長が日本水環境学会技術奨励賞を受賞

琵琶湖分室の今井章雄分室長が日本水環境学会技術奨励賞を受賞しました。
また、琵琶湖環境科学研究センターの岡本高弘主任専門員らとともに滋賀県三日月知事へ受賞の報告をした際の様子がNHKで放映されました。

概要

受賞者氏名: 今井 章雄(琵琶湖分室長)
賞の名称:  日本水環境学会 平成29年度技術奨励賞
授賞機関:  公益社団法人日本水環境学会
受賞年月日: 2018年06月12日
受賞対象:  手法開発、報告、手引書および環境行政への貢献

表彰状を手に記念撮影の様子(写真右が今井分室長)

ひとこと 

技術奨励賞の楯

国内外の湖沼や河川において有機物濃度の漸増傾向が報告されています。微生物に分解されにくい「難分解性有機物」が原因と示唆されています。今回の受賞研究では、この水中に含まれている「難分解性有機物」を定量的に分析する考え方や手法を確立したことが高く評価されました。「難分解性有機物」の標準的分析手法を開発するために、生分解試験の日数、検体量、植種添加の有無、栄養塩添加の有無、曝気の有無、ろ過の有無等の試験条件について大規模な比較調査を実施し、湖沼、河川および発生源試料のそれぞれについて試験条件を最適化しました。本研究は、国立環境研究所で1997年から2003年に行われた溶存有機物に関する特別研究の成果を発展・結実させたものです。今後も、その成果が後に脈々と受け継がれるような研究を目指して努力してゆきたいと考えています。

表彰の様子