ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2017年5月24日

受賞のお知らせ ~
久保 雄広 研究員が林業経済学会奨励賞を受賞

概要

受賞者氏名: 久保雄広 (生物・生態系環境研究センター)
賞の名称:  林業経済学会奨励賞
授賞機関:  林業経済学会
受賞年月日: 2017年3月29日
受賞対象:  野生動物管理に関する社会経済的研究

賞状を手にする久保雄広研究員

ひとこと

生物多様性の保全が重要性を増す一方、野生動物が引き起こす農林業被害や人身被害といった軋轢が世界各地で問題となっています。我が国では2015年に改正鳥獣保護法が施行され、従来の野生動物「保護」から野生動物「管理」へと施策の転換が図られました。野生動物との軋轢を緩和し、人間と野生動物の両者が共生できる社会を形成するためには、これまでの生態学・生物学を中心とした研究だけではなく、保全や管理の現場となる地域社会を対象とした人文・社会科学の拡充が早急に求められています。上記の背景のもとに、私は長期に渡るフィールドワークを行い、地域社会における野生動物管理の問題点を把握し、その上で環境経済学をはじめとした複数の社会科学的アプローチを用いて、人々の認識や管理への要望を定量的に明らかにしてきました。今回の受賞はその成果『野生動物管理に関する社会経済的研究』を評価して頂いたものです。今回の受賞を励みに、今後も実際の野生動物や自然公園の管理に貢献することに重きを置いて、研究に邁進していきたいと考えております。