ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年9月21日

受賞のお知らせ ~
珠坪一晃副センター長が日本水環境学会 年間優秀論文賞(メタウォーター賞)を受賞

概要

受賞者氏名: 珠坪一晃(地域環境研究センター)
賞の名称:  日本水環境学会 年間優秀論文賞(メタウォーター賞)
授賞機関:  公益社団法人日本水環境学会
受賞年月日: 2018年09月04日
受賞対象:  Anaerobic Baffled Reactor in Treatment of Natural Rubber Processing Wastewater: Reactor Performance and Analysis of Microbial Community,Journal of Water and Environment Technology ,15 (6), 241-251,2017

珠坪一晃副センター長に授与された賞状の写真

ひとこと

この度、日本水環境学会より、年間優秀論文賞(メタウォーター賞) を頂く事が出来ました。この賞は、学会が出版している水環境学会誌、Journal of Water and Environment Technology に掲載された論文の中から、優れた論文に対して贈られる賞であり、大変光栄に思っています。受賞論文ですが、地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)「天然ゴムを用いる炭素循環システムの構築」において、ハノイ工科大学(ベトナム)、長岡技術科学大学などの研究機関との連携で開発を行った天然ゴム製造排水の新しいメタン発酵処理技術と、処理装置の微生物相解析に関わるものです。天然ゴム、パーム油、砂糖、バイオエタノールなどの生産は、東南アジア地域に集中しており、有機性排水の多量排出による水質汚染やメタンや亜酸化窒素などの温室効果ガスの排出の主要因となっています。今後も、国内外の研究機関と連携を図りつつ、アジア地域の水環境保全に関わる研究の推進に励みたいと考えています。