ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2015年10月20日

インドネシア環境林業省 研究開発
イノベーション局との包括的研究協力に関する協定(MOU)調印、および研究シンポジウム International Symposium on Environmental Management and Development in Indonesia
の開催について(お知らせ)

(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ同時配付)

    
平成27年10月20日(火)
国立研究開発法人 国立環境研究所
 社会環境システム研究センター
  センター長:藤田 壮
  主任研究員:藤井 実
  
 

 国立研究開発法人 国立環境研究所(NIES:National Institute for Environmental Studies)は、インドネシアとの環境分野における研究連携を進め、アジア地域の環境問題の解決に資することを目的として、インドネシア環境林業省 研究開発イノベーション局(FOERDIA : Forestry and Environmental Reseach, Development and Innovation Agency, Ministry of Enviroment and Forestry, Indonesia)との間で、2015年10月8日(木)にインドネシア・ジャカルタ市において、包括的研究協力に関する協定(MOU:Memorandum of Understanding)に調印いたしました。また、同日、両国の研究者によるシンポジウム『インドネシアにおける環境マネジメントと研究開発に関する国際シンポジウム』(International Symposium on Environmental Management and Development in Indonesia)を開催しました。

1.概要

   国立環境研究所(以下、NIESという)は、平成26年度より、ボゴール農科大学やバンドン工科大学等のインドネシアの大学等と連携し、インドネシアにおけるMRV(温室効果ガス排出量の測定、報告及び検証) 高度化事業等を進めています。このたび、インドネシアとの環境分野における研究連携をさらに進めるため、インドネシア環境林業省 研究開発イノベーション局(以下、FOERDIAという)との間で包括的研究協力に関する協定(MOU)に調印することとなりました。
   FOERDIAは、1829年に林業に関する研究からその活動を開始し、Bosbouw Proef Station Voor Het Boswezen(林業パイロットステーション(仮訳))として研究活動を行ってきた研究機関です。その後、何度か名称を変更し、2015年1月、環境省と林業省の合併により「環境林業省 研究開発イノベーション局」となりました。研究対象は、環境および林業に関するあらゆる分野を網羅しており、維持管理、病理、森林工学から、社会学、経済学、および政策までをカバーする専門家による研究が行われています。
   調印式は、2015年10月8日に、インドネシア・セルポンのFOERDIAの施設内において、NIES理事長 住明正と、FOERDIA局長 Dr. Henry Bastaman の署名により執り行われました。また、同日に、研究シンポジウムを開催し、両国の環境・林業分野、特に温室効果ガス排出とその計測、エネルギー効率、環境指標、廃棄物問題、オゾン層等に関する専門家、政策担当者らによる最新の知見の共有および課題の把握、今後の連携方針についての議論が行われました。シンポジウムには、約150名のインドネシアの研究者と政策担当者が参加し、関心の高さがうかがわれました。
   シンポジウムでは、今後の連携の柱となる対話型エコアクション研究、全球観測研究、環境技術開発の3つのテーマにおいて、両国から発表が行われました。プログラム最後に設けられたディスカッションでは、藤田壮(NIES社会環境システム研究センター長)およびDr.Wahyu Marjaka(FOERDIA、Head of Research and Development Quality and Environmental Laboratory)がモデレーターを務め、発表者や参加者による活発な議論や意見交換がなされました。

2.開催概要

日時:2015年10月8日(木) 8:30 -17:00

主催:インドネシア共和国 環境林業省 研究開発イノベーション局(FOERDIA)
        国立研究開発法人国立環境研究所(NIES)
共催:公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
会場:インドネシア環境林業省 研究開発センター 講堂
Auditorium of Research and Development Center for Environmental
Quality of Laboratory, Ministry of Environment and Forestry, Indonesia
Building No. 210 Puspiptek Compound, Serpong, Tangerang
Jl. Raya Puspiptek Serpong, Tangerang Selatan, Banten, Indonesia 15314.

3.プログラム

      
                     
09:00-09:10 Introduction by Director of Center for Research and Development on Social, Economic, Policy and Climate Change FOERDIA 社会・経済・政策・気候変動研究センターの概要 Dr. Ir. Bambang Tri Hartono
Head of Center for Research and Development on Social, Economy, Policy and Climate Change, FOERDIA (FOERDIA 社会・経済・政策・気候変動研究センター長)
09:10-09:35 Present and Future Research Directions at NIES
NIESの研究の方向性
Prof. Akimasa Sumi
President, NIES 
住 明正(NIES 理事長)
09:35-09:45 Speech by the Director-General of FOERDIA
FOERDIA 局長挨拶
Dr. Ir. Henry Bastaman
Director-General of Research, Development and Innovation
(FOERDIA 局長)
09:45-09:55 MOU Signing Ceremony/調印式
09:55-10:20 Coffee Break/コーヒーブレイク
Presentations/発表
Interactive Eco-action Research/対話型エコアクション研究
10:20-10:40 Indonesian National Carbon Accounting System (INCAS): advancing towards the development of Tier 3 MRV system to estimate historic and future GHG fluxes for the land sector
インドネシア炭素会計システム(INCAS):土地セクターのGHGフラックス評価のための Tier 3 MRVシステムの開発
Dr. Haruni Krisnawati
Senior Researcher of FOERDIA
(FOERDIA 主任研究員)
10:40-11:00Innovative Modelling and Monitoring Research for Eco-cities and Sustainable Society
エコシティ・持続可能社会に向けた革新的モデリングとモニタリング研究
Prof. Tsuyoshi Fujita
Director of Center for Social and Environmental System
Research, NIES
藤田 壮(NIES 社会環境システム研究センター長)
11:00-11:20 Monitoring Aspect of MRV System for GHG Emission of Industrial Energy Systems
産業エネルギーシステムのGHG排出MRVシステムのモニタリングの状況
Prof. Retno Dewi Gumilang
Head of Center for Research on Energy Policy, Bandung Institute of Technology (ITB)
(バンドン工科大学 エネルギー政策研究所 所長)
Global Monitoring Network/全球観測研究
11:20-11:40 Integrating ground observation, satellite remote sensing, and terrestrial ecosystem model for future carbon monitoring systems
地上観測、サテライトリモートセンシング、陸域生態系モデルの統合 -これからのカーボンモニタリングシステムのために
Dr. Nobuko Saigusa
Deputy Director of Center for Global Environmental
Research, NIES
三枝 信子(NIES地球環境研究センター副センター長)
11:40-12:00 Application of Environmental Quality Index for Environmental Management
環境管理のための環境品質指数の利用
Ir. Dewi Ratningsih
Researcher of FOERDIA
(FOERDIA 研究員)
12:00-13:40 Lunch Break
13:40-14:00 Ground Level Ozone Concentration in Indonesia and Its Effects to Human Health 
インドネシアにおける地表オゾン濃度と健康への影響
Dr. Esrom Hamonangan Panjaitan
Deputy Director of Research and Development Center for Environmental Quality of Laboratory, FOERDIA
(FOERDIA 環境品質研究開発センター副センター長)
Eco-technology Development/環境技術開発
14:00-14:20 Air pollution in Japan and East Asia 
日本と東アジアにおける大気汚染
Dr. Akinori Takami
Deputy Director of Center for Regional Environmental Research, NIES
高見 昭憲 (NIES 地域環境研究センター副センター長)
14:20-14:40 Emission Reduction through Planting and Use of Bio-fuel 植林とバイオ燃料利用による排出量削減 Mr. Subarudi, M For Sc Senior Researcher of FOERDIA (FOERDIA 主任研究員)
14:40-15:00 Development of Advanced and Appropriate Treatment Systems for Liquid Waste
高度かつ適切な廃水処理システムの開発
Dr. Yoshitake Ebie
Senior researcher for Material Cycles and Waste Management Research, NIES
蛯江 美孝(NIES 資源循環・廃棄物研究センター主任研究員)
15:00-15:20 Designing Deep Decarbonizing Pathways for AFOLU sector in Indonesia インドネシアにおけるAFOLUセクターの大規模な脱炭素化への道筋 Prof. Rizaldi Boer Director, Centre for Climate Risk and Opportunity Management in Southeast Asia and Pacific、Bogor Agricultural University (IPB) (ボゴール農科大学 東南アジア太平洋気候変動リスク管理センター 所長)
15:20-15:45 Break/休憩
15:45-16:45 Discussions/ディスカッション Moderators Dr. Wahyu Marjaka, FOREDIA (FOERDIA 環境品質研究開発センター長) Prof. Tsuyoshi Fujita, NIES 藤田 壮(NIES 社会環境システム研究センター長)
16:45-17:00 Closing Remarks/閉会挨拶 Mr. Naoya Tsukamoto Secretary General, IGES 塚本 直也(IGES統括研究プログラムマネージャー/事務局長)

4.MOU調印式の様子

NIES理事長 住明正(左)と、FOERDIA局長 Dr. Henry Bastaman(右)

5.問い合わせ先

国立研究開発法人国立環境研究所 社会環境システム研究センター
環境都市システム研究室 藤井 実 主任研究員
TEL:029-850-2447
e-mail: mmv(末尾に@nies.go.jpをつけてください)

関連新着情報

関連記事

関連研究報告書

関連研究者