ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-福島支部

  • 支部長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究室・研究者紹介
  • 報道発表等

支部長あいさつ

福田 宏之

 国立環境研究所は、2011年の東日本大震災の直後から、津波被害に伴う災害廃棄物の処理や、原発事故に伴う放射性物質の動態解明や汚染廃棄物の処理といった課題に取り組んだほか、比較的早い時期から、被災地の復興まちづくりを支援する研究も進めてきました。

 国立環境研究所福島支部は、2016年4月、福島県三春町の環境創造センター内に研究所の初めての地方組織として開設されました。
以後、福島支部は、国立環境研究所として取り組む「災害環境研究プログラム」に位置づけられた、汚染廃棄物の管理や環境中の放射性物質の動態・環境影響を対象とする「環境回復研究プログラム」、復興まちづくりの支援を行う「環境創生研究プログラム」、これまでの経験を将来の災害の備えに生かすための「災害環境マネジメント研究プログラム」の3つの研究プログラムを総合的に進めるための拠点として、つくば本部とも連携しつつ研究に取り組んでいます。

 福島支部では、開設以来、廃棄物の適正処理などの環境回復に向けた取組への貢献、地元自治体と連携した復興まちづくりの支援など、大きな成果を上げてきました。今後とも、被災地の環境回復と地域環境の創生を支援するとともに、将来起こりうる災害に備えた地域づくりにも貢献していく所存ですので、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

研究概要

 国立環境研究所では、長年にわたり培ってきた環境研究の蓄積をもとに、2011年3月の東日本大震災の発生直後から国や地方自治体と連携・協働して、様々な被災地支援の災害環境研究を行ってきました。その取り組みは、がれき等の災害廃棄物や放射性物質に汚染された廃棄物の処理処分、放射性物質の環境動態や生物・生態系影響、地震・津波による環境変化・影響、被災地の復興まちづくりと地域環境の創生など広範に及んでいます。
 このような災害環境研究を、被災地に根ざして力強く継続的に進めるため、2016年4月に、福島県三春町に整備された福島県環境創造センターの研究棟内に福島支部を開設しました。福島支部を拠点として、福島県や日本原子力研究開発機構をはじめとする関連機関、様々な関係者と力を合わせて、被災地の環境回復と環境創生に向けた災害環境研究に取り組んでいきます。具体的には、放射性物質により汚染された地域の環境回復を速やかに進め、安全・安心な生活を確保するための「環境回復研究」、環境と調和した被災地の復興を支援する「環境創生研究」、環境・安全・安心面から将来の災害に備えるための「災害環境マネジメント研究」の3つの災害環境研究プログラムを実施します。また、福島県環境創造センターが進める環境情報の収集・発信や教育・研修・交流等の取り組みに、災害環境研究の面から支援・協力していきます。これらを進めることによって、災害環境研究の世界的拠点となることを目指します。

災害環境研究のフロー図

報道発表等

報道発表

お知らせ・更新情報

表示する記事はありません