ユーザー別ナビ |

  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

組織紹介-琵琶湖分室

  • 分室長あいさつ
  • 研究概要
  • 研究者紹介

分室長あいさつ

琵琶湖分室長 今井 章雄

国立環境研究所琵琶湖分室(英語名NIES Lake Biwa Branch Office)が、「政府関係機関移転基本方針」に基づき、平成29年4月に滋賀県琵琶湖環境科学研究センター内に設置されました。日本一の湖である琵琶湖において、滋賀県琵琶湖環境研究センターをはじめとする関係研究機関と共同して、琵琶湖の水質や生態系に関する研究を一層進めてゆきます。

私たちの共同研究テーマは「琵琶湖の健全な水環境保全に向けた総合的湖沼環境評価と改善手法に関する研究」です。「健全な水環境保全のための水質・湖底環境に関する研究」と「湖沼の生態系の評価と管理・再生に関する研究」という二つの研究テーマから成ります。琵琶湖の有機物収支の把握、新しい環境基準指標である底層DOへの対応、生態系の管理・再生に向けた手法の提言、在来魚の回復に向けた管理手法の提案を目指しています。

国立環境研究所では、これまで霞ヶ浦を中心に全国の湖沼で研究を進めてきました。全国環境研協議会からの提言を受け、複数の地方環境研究所の研究者と一緒に共同研究も実施しています。平成29年度からは7地方環境研究所と連携して、底層DO等に関するモニタリングデータの収集と解析を行います。琵琶湖分室の設置を契機として、地方環境研究所との共同研究を束ねて発展させ、オールジャパンでの湖沼環境研究の推進に繋げてゆきます。さらに世界に発信できる環境研究に結実してゆきます。

琵琶湖分室では、滋賀県琵琶湖環境研究科学センターをはじめとして、国内外の大学や研究機関と積極的に連携協力して、分野横断的、学際的な研究を実施してゆきます。異なる研究分野、異なる所属の多くの方々との横断的研究の成功には、伝統的な個別研究分野での独創的なアイデアの発現と、率直で寛容な意見交換が欠かせません。ある時は広く、ある時は深く、自ら壁を作ることなく研究を進めます。

琵琶湖分室は国立環境研究所の新たな試金石(touchstone)です。The sky is the limit. 可能性を信じて、とにかく前向きに。

研究概要

国立環境研究所琵琶湖分室は、地域環境研究センターと生物・生態系環境研究センターが共同管理する研究室で、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター内に設置されています。琵琶湖を主対象として、湖沼環境に関する以下の研究を滋賀県琵琶湖環境科学研究センターと共同で行っています。

●健全な水環境保全のための水質・湖底環境に関する研究

  • 有機物収支に関する研究
    湖内の有機物質収支を把握して生態系に配慮した栄養塩や有機物の管理を行うため、その基盤となる琵琶湖における一次生産や細菌生産、動物プランクトンの生産等を測定して、将来の生態系モデルの高度化のための各生物間の関係性を把握します。
  • 底泥環境の評価と底泥溶出に関する研究
    水質や生態系に多大な影響を及ぼす湖底泥について、新たな底泥解析手法を導入し、湖底泥・間隙水の成分分析、底泥酸素要求量や底泥溶出の評価手法を検討します。
  • 湖沼の水質・底泥質改善に関する研究
    底泥の酸化還元状態を変化させる技術(微生物燃料電池等)を応用して、栄養塩等の底泥溶出の抑制・湖沼水質の改善等に繋がる底泥環境改善手法を検討します。

●琵琶湖の生態系の評価と管理・再生に関する研究

  • 琵琶湖南湖生態系の保全・管理・再生手法に関する研究
    琵琶湖の在来魚の回復を目標とし、それに必要な環境因子を解明します。特に、水草の繁茂、外来魚の増加が問題となっており、野外調査(物理・化学要因の測定や生物の採集等)、既存データの収集、時空間的な統計解析、餌資源や食物網構造の分析などを通じ、南湖生態系の保全・管理・再生に向けた手法の検討を行います。
  • 生態系評価・予測のためのモニタリング手法の検討
    琵琶湖南湖では、現在、長期的な生物モニタリングが実施されていません。琵琶湖南湖の重要性を鑑み、南湖生態系の評価・予測を可能にするための基盤となるモニタリングデザインを設計します。具体的には、水質、底質、水草、底生生物、プランクトン、魚類、さらに集水域を含めた要因解析が可能なモニタリングデザインを検討します。

研究者紹介