ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

実験水生生物の注文と分譲について

様式

1. 分譲にあたっての同意事項

 国立環境研究所水環境実験施設(以後NIESアクアトロン)は、以下の事項に同意していただいた方に実験水生生物を分譲します。ただし,分譲は輸送の問題があり国内の利用者に限定します。

(1)   環境リスク・健康研究センターから分譲された実験水生生物は、それを繁殖させたものを含め(以下、「実験水生生物等」という。)、教育、試験・研究の目的でのみ使用できます。また、利用者は使用の際に、分譲された実験水生生物は、地域生物群集に潜在的な危険性があることを認識し、その国、自治体、機関等の法令や規則を遵守しなければなりません。
(2)   分譲を希望する場合は、利用者本人が分譲依頼書を提出してください。
(3)   実験水生生物等に関する知的所有権等が、分譲によって利用者へ与えられるものではありません。
(4)   利用者が分譲時に示した使用目的から大幅に異なる目的に使用する場合、利用者はその旨を環境リスク・健康研究センターに書面で連絡しなくてはなりません。
(5)   利用者は分譲された実験水生生物等を実験終了後、動物の愛護及び管理に関する法律に準じ、できる限り苦痛を与えない方法で殺処分しなければならず、第三者に分与または販売することはできません。
(6)   環境リスク・健康研究センターから分譲された実験水生生物等を利用した成果を発表する場合、国立環境研究所水環境実験施設で継代飼育されている系統であることを明記してください。分譲された実験水生生物を利用して、教育の目的で活用した場合、その内容について報告書を作成し、環境リスク・健康研究センターに送付してください。また論文発表した場合は別刷りまたはコピーを2部、学会発表をした場合は当該要旨を環境リスク・健康研究センターに送ってください。
(7)   分譲された実験水生生物等の使用が第三者の知的所有権やその他の権利を侵害していた場合、利用者は利用者の責任によって対処しなければなりません。
(8)   分譲された実験水生生物等が、欠点、不具合等を有している可能性があること、あるいは特定の目的に合致しているとは限らないことを認識し、分譲された実験水生生物等の利用によって損失が生じた場合は、利用者は、利用者自らの責任で処理しなくてはなりません。
(9)  利用者は、実験水生生物等の到着時点の状態を確認し、ただちに受領報告書を環境リスク・健康研究センター宛に提出しなくてはなりません。輸送中の環境条件の変化などにより、受領時点で状態が悪い場合、利用者は環境リスク・健康研究センターに無償で再分譲を要求することができます。ただし、環境リスク・健康研究センターはその期間内であっても、利用者の過失に対しての責任は負いません。
(10) 利用者が本同意事項に違反したときは、本施設より分譲した実験水生生物等の利用および、以降の取引を停止することができます。

2. 実験水生生物の注文方法

(1)   「実験水生生物分譲依頼書兼同意書」(様式1)に必要事項を記入し、以下の宛先に郵送してください。依頼者が学生、非常勤職員などの場合は、指導教官、雇用者などから依頼されるようお願いします。実験水生生物は指導教官、雇用者宛に郵送されます。また、お急ぎの場合は、分譲依頼のみをあらかじめ電子メール でお知らせください。なお実験水生生物は署名捺印された依頼書兼同意書原本の到着確認後でないと発送できませんので、この点くれぐれもご注意ください。
*依頼書兼同意書が届いてから発送まで10日~2週間ほどかかります。
*実験水生生物の発送は火~金曜日に行います。月曜日と土日祝日は発送できません。
(2)   実験水生生物を受け取った方は、受領後ただちに「実験水生生物受領報告書」(様式2)に必要事項を記入し、以下の宛先に郵送または電子メールで連絡してください。
    宛先 :   〒305-8506  つくば市小野川16-2
国立環境研究所環境リスク・健康研究センター内
NIESアクアトロン分譲
電話:029-850-2361
電子メール:aquacc@nies.go.jp
(3)   支払方法:
後日、請求書を作成し郵送いたします。当所指定口座へお振込みください。(振込手数料は支払者負担)

3. 実験水生生物の価格

 各単位数量当たり、非営利組織(大学、国公立の研究機関等):6,000円、営利組織:10,000円となります。この他に消費税と郵送料(元払い)がかかります。生物を教育目的(※)で使用する場合、1口までは無料で分譲に応じますが、1口以上の場合は非営利団体として有料で分譲致します。
※ここでいう「教育目的」とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校での授業で用いる場合に限り、課外活動などは研究目的とみなし、有料となります。

 生物種 単位 営利組織 非営利組織
 ミジンコ類  20 個体  
 
 各 10,000円
 
 
 
 
 各 6,000円
 
 
 その他の甲殻類  10 個体
 ユスリカ類(卵)  5 卵塊
 魚類(親魚)  10 個体
 魚類(稚魚)  20 個体
(2017年9月現在)

4. 随時供給が困難な生物の分譲についての注意

 種類およびステージによっては,一時に分譲できる数量には限りがあります,また世代の入れ替え時期には分譲できない場合がありますので,お申し込みの節は事前にご確認下さい.

5. 国立環境研究所の職員、客員研究員、共同研究員への提供

 所内で実験水生生物の利用を希望される方は,NIESアクアトロンに様式3を提出して下さい. 国立環境研究所職員に対しては無料で分譲致しますが、事前にご相談下さい。業務の都合によりご要望にお応えできないこともあることをご了承下さい。また、利用後、成果物の提出をお願い致します。