ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

研究成果

研究所内で撮影した写真

新着情報

新着情報の一覧

報道発表

  • 2017年11月21日
     国立研究開発法人国立環境研究所の笹川基樹主任研究員と町田敏暢室長らは、国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下、「JAMSTEC」という。)・東北大学・ロシア科学アカデミー・ロシア水文気象環境監視局と共同で、西シベリアの2ケ所で航空機による観測を20年以上行い、メタン濃度の長期的な傾向とその起源地域を推定しました。全球平均と同じように西シベリアでもメタン濃度は長期的に増加を続けています。この濃度増加の程度は、北部西シベリアのスルグート周辺では高層と低層で違っていました。これは、大気化学輸送モデルの計算によるとヨーロッパ起源のメタンが低層でより減少したためと判明しました。
     本研究成果は、米国地球科学連合(AGU)の学術誌「Journal of Geophysical Research: Atmospheres」に2017年10月14日付で掲載されました。
  • 2017年11月6日
    国立研究開発法人国立環境研究所(以下、国立環境研究所という。)では、平成28年度の活動内容と最近の研究成果を海外向けに紹介する英文報告書「NIES Annual Report 2017」を刊行します。
  • 2017年10月18日
     長野県環境保全研究所、東北大学、森林総合研究所、気象庁気象研究所、筑波大学、東京大学、国立環境研究所及び総合地球環境学研究所の研究グループは、産業管理外来種として里山管理の脅威となっているモウソウチクとマダケの生育に適した環境が温暖化によってどれくらい拡大するか予測しました。本研究は、竹林の分布を、広域の現地調査に基づいて予測すると共に、気候変動の影響を推定した日本で初めての報告です。

研究成果の提供

  • 国立環境研究所の職員が学会誌等に発表した論文のデータベース:昭和50年度~
  • 国立環境研究所の職員が学会誌等に発表した論文一覧:昭和63年度~
  • 国立環境研究所の職員が学会等で講演発表した一覧:昭和63年度~
  • 国立環境研究所の研究計画と年報から、研究所が行っている研究のうち環境技術に関連するものを、「対象としている環境問題」と「環境技術の目的・性格」の二つの観点から整理して紹介します。
  • 国立環境研究所の研究成果(年報)のデータベースを検索:平成13年度~
  • 国立環境研究所で保有している知的所有権の情報です。
  • 国立環境研究所の各種の研究成果等をデータベース化・システム化して、電子情報として提供しています。
  • 国立環境研究所で発行している研究情報誌や各種の研究報告等です。主として電子媒体で提供しています。
  • 国立環境研究所で行なわれている研究プロジェクトや環境モニタリング、その他の事業に関するページの一覧です。