ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方
2018年9月28日

ビッグデータ

コラム2

 情報通信技術の進展に加えて、TwitterやFacebookなどのSNSや、各種センサー(GPSやカメラを用いた屋外屋内での人の移動、図2)、電子商取引(Amazon、Suicaなどのカード)、地図情報検索機能(Googleのカーナビなど)の普及により、多種多様かつ高解像度(場所、時間)の大容量のデータが蓄積されつつあり、「ビッグデータ」と呼ばれています。個人情報やプライバシーを保護しながら、これらの膨大なビッグデータを活用して社会に役立つ新しいサービスを開発することが、重要な研究課題となっています。

GPSデータの分布図
図2 スマートフォンから取得した東京都23区における通勤時間帯(午前9時台)のGPSデータの分布
白くなっている箇所はGPSの密度が高い場所を表す。鉄道路線上にデータが集中していることがわかる。